不動産投資の心構えとして

これからの不動産投資にとって必要なことは、千載一遇の機会を逃さないということです。残念ながら、バブルの時代のような、良物件が向こうから次々にホイホイやってくるというような、物件の回転が早い時代ではもうありません。リーマンショックが起きてからというもの、小さな不動産会社は廃業を余儀なくされ、結果として、大量の物件が不動産市場に降りてきました。この時は、優良物件が紛れ込むことも多く、チャンスが続いていたのです。しかし、最近ではそれらも落ち着いてきて、ひとまずリーマンショックの影響は落ち着いてきている、と言ってもいいかもしれません。それでも残念ながら、このような一時的不況によって放り出された物件も、いわば水面下での取引が多かったのです。そのため、インターネットなどには、ほとんど出回っていなかったという情報もあるようです。要するに、結局買うことができる可能性が少しでも高い人の所に、優良物件の情報が回ってきているということを心得ておく必要があります。つまりあなたも、「この人になら購入してもらえる!」と言う風に信頼を置かれるような人になれば良いということです。不動産投資の不確定要素の一つは、「避けられないリスク」を負うことにあると、すでにお話ししましたが、「空室」と絡む重要なリスクとして挙げられるのが、人口の増減です。他にも、家賃のリスクもあります。つまり、ある程度物件を改善するなどして家賃があげられることができたならば、収入は当然増えます。しかし、家賃が上がるどころか下げざるを得ないような状況になってしまった場合には、どうしようもない大きなリスクを負うことになりますし、返済金が滞る原因にもなると言えるでしょう。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*