不動産投資のデメリット

避けがたい客観的なデメリットとしては、融資を受けた銀行の金利が上昇するという危険性があります。数十年前、日本が好景気であった頃は、投資の中でも地味な部類であった不動産投資において、まさか融資の利息がここまで上昇することはほとんどの人が想像だにしてなかったのではないでしょうか?こういった不測の事態が起こり得ることこそが不動産投資に限らず投資のデメリットではあります。固定的な利息でない限り、この場合、必然的に支払う返済金が増加しますから、様々な計画を練り直す必要が出てくることは間違いありません。他に、不動産投資特融のデメリットとしては、基本的な原則として、エレベーターがある物件は、初心者の内は極力買わないようにしておくと良いかもしれません。エレベーターには、その便利さとは引き換えに、いわゆる管理するための費用が相当かかります。安全性を確保するための費用ですから、これを無理に節約もすることはまずできません。エレベーターがある物件を除いて探すと、案外安い物件が見つかる可能性もあります。しかし、入居する人にとってのメリットをひと無くすことにもなりますから、メリットとデメリットが双立しているという具合です。他にも、天災による被害などは避けられません。ここ十年で未曽有ともいえる災害が頻発しています。災害大国とさえ言われることもある日本で、これらを意図的に避けるのはむしろ難しいとすらいえるかも知れません。ある程度の覚悟を決めて物件を決めることは必要ですが、それに備えてキッチリと災害保険に入るなどできる限りの対策を取っておくことは絶対に必要でしょう。当然のことですが、このような様々なリスクを、あなた自身がしっかりと見抜いておく必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*